高校生OBの今

< 1 2 3 4 5 6 >
[2019/04/14] 【北村広輝】早稲田実業vs法政大高
5本のホームランなどで11得点!早稲田実業打線が火を噴き、準々決勝へ!
・・・
早稲田実業は初回、先頭の1番・北村広輝が法政大高先発のエース・村上一誠のストレート
を捉えると、打球はレフトフェンスへ。北村の先頭打者アーチで早稲田実業がリズムを作ると、
2回には4番・生沼 弥真人のセンターへの満塁ホームランなどで一挙6得点。試合の主導権を
握ったかとのように思われた。
・・・
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hbnippon/sports/hbnippon-report-19231
[2019/04/11] 【千葉葵】第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!
・・・
近江に敗れて近畿大会を逃した滋賀学園は分厚い選手層を誇る。
投手陣は左腕の尾﨑完太(3年)と右腕で主将の竹本徹(3年)が主戦。
2年生左腕の金城駿之介と千葉葵にも夏の登板経験がある。
・・・
https://www.hb-nippon.com/column/46-soukatsu/13478-20190410no877t?page=2
[2019/04/05] 【田中瞬太朗/田中天馬】神村学園が秋春連覇! 鹿児島実の追い上げ振り切る
第144回九州地区高校野球大会鹿児島県予選最終日は4月5日、鹿児島市の平和リース(県立鴨池)
球場で決勝があり、神村学園が鹿児島実を7対5で下し、2季連続13回目の栄冠に輝いた。
・・・
https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/35420-bsinfo20190405001
[2019/04/05] 【田中天馬】神村学園vs鹿児島実
「勢い」と「考え方」で勝利つかむ・神村学園
・・・
神村学園は2回裏、連続四死球で無死一二塁とし、7番・田中天馬(3年)が意表を突く
セーフティーバント。これが三塁手の悪送球を誘って、先制した。
3回は一死一三塁で一塁ゴロの間に三走・古川朋樹(2年)が判断良くホームインし、
7番・田中天のセンターオーバー三塁打で2点を追加した。
・・・
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hbnippon/sports/hbnippon-report-19176
[2019/04/05] 【北村広輝】早稲田実業vs佼成学園
新オーダーの早稲田実、後半大量得点で佼成学園を突き放す
・・・
茅野は打順も1番から3番になり、1番には、秋までは下位を打つことが多かった
北村広輝が座ったことで、打線に安定感が出てきた。
・・・
https://news.goo.ne.jp/article/hbnippon/sports/hbnippon-report-19157.html
[2019/03/26] 【阿萬田琉希】津田学園・阿萬田の好リード及ばず 南あわじ出身

■選抜大会 津田学園0-2龍谷大平安
津田学園の捕手阿萬田(南あわじ市立三原中出)は窮地を迎えるたびに
マウンドへ駆け寄っては、力投を続ける前を鼓舞。
延長の末に終盤で力尽きたが「大観衆の中でプレーできた経験は大きい」
と前を向いた。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/koya/news/201903/0012181914.shtml

[2019/03/25] 【藤井久大】津田学園・藤井は1本足静止打法でイチロー2世目標

・・・
バットを構えると同時に右足をあげる。このままピクリともせず、投手に立ち向かう。
津田学園・藤井久大右翼手(3年)の打撃フォームだ。4打数無安打に終わった。
それでも「一冬越えて力強くなった。続けます」。敗戦にも1本足静止打法の続行を口にした。

8回2死一塁で入った打席は1本足の静止時間が10・07秒にもなった。
「スクワットとかウエートで鍛えているんで大丈夫です」。昨秋の県大会前に始めたフォームだ。
「地区大会で打てなかったんで、試行錯誤して変えました」。直後の東海大会(中京大中京戦)
で3ランを放っている。

参考にしたのは同じ左打ち、オリックス時代のイチローだという。「YouTubeで見ました」。
当時は振り子打法で、静止を続ける藤井とはちょっぴり違うが
「自分は(足をあげて)止めた方がしっくりくる。バランスよく打てるんです」と説明した。

お手本にした選手はつい先日、現役引退を決めた。「最後の打席はテレビで見ていました。
『イチロー2世』になりたいです」。ユニーク打法でセンバツの舞台をつかんだ藤井の目標は大きい。

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201903250000681.html

[2019/03/25] 【阿萬田琉希】【2019センバツ】今日のベストナイン(3/25)

阿萬田琉希(津田学園):3年・175cm・75kg・右投右打
4打席 4打数 0安打
敗れたもののエースの前佑囲斗(3年)を好リードし、熱戦を演出した。
勝負所でマウンドに行くタイミングが良く、視野の広さが目立つ。
セカンド送球はコンスタントに2.0秒を切り、コントロールも悪くない。
打つ方はまだまだだが、ディフェンス型の捕手として今後も注目したい。

https://timely-web.jp/article/3094/

[2019/03/18] 【中村宇亜】津田学園選手紹介 中村宇亜選手(1年) 内野守備への強い思い /三重

「打撃で貢献できないから守備で生きていきたい」と、内野の守備への強い思いを口にする。昨秋の県大会桑員地区予選では2試合に出場した。身のこなしが機敏で、「運動神経が良い」というのがチーム内での評価だ。

 神戸市出身。5歳のころにプロ野球オリックスの2軍の試合を観戦して、選手とキャッチボールする機会に恵まれた。「すごく楽しかった」。これがきっかけとなり、小学3年生から軟式野球のチームに入った。

 中学生時代の所属チームで、体を大きくするために食事の量を増やすことを求められたが、ご飯が嫌いで苦労した。津田学園でも食事の回数、量は多いが、「メンバーと一緒にいるのが楽しいから食事も苦にならない」と語る。

 守備練習ではショートバウンドの球を取る練習に力を入れている。気をつけているのは「引かずに攻めていくこと」。鋭い打球でも前に出て捕球することを心がけている。

https://mainichi.jp/koshien/articles/20190318/ddl/k24/050/059000c

[2019/03/09] 【榮龍騰】津田学園選手紹介 栄龍騰投手(1年) 気持ちで勝つ、技巧派左腕 /三重

スライダーなど6種類の変化球を操る技巧派左腕。直球は最速136キロで「もっと球速を上げたい」と、
ベンチプレスなどのウエートトレーニングで上半身強化に励む。

神戸市出身。野球好きの母恵弥(めぐみ)さんの影響で左投げになった。「野球で有利になるように」と
恵弥さんが幼い頃から日常生活で左手を使うようにさせたという。今では母に感謝している。

憧れの選手として前佑囲斗投手(2年)の名を挙げる。最速148キロの直球や、エースとしての存在感に
すごさを感じる。一方で「スライダーの切れは負けない」とライバル心も。

昨秋の東海大会決勝の東邦(愛知)戦の借りを返したいと願っている。4点リードされた場面で登板したが、
相手打線の勢いを止められず、2本の適時打を浴びた。「東邦打線に圧力を感じた」。次は気持ちで負け
ないため、物事を前向きに捉えるメンタルトレーニングにも取り組みながら大舞台に備えている。【

https://mainichi.jp/koshien/articles/20190309/ddl/k24/050/130000c

[2019/03/05] 【阿萬田琉希/藤井久大/榮龍騰/中村宇亜】津田学園 寮生活で結束力磨く 家族のありがたみかみしめ 料理や洗濯に四苦八苦 /三重

・・・
阿万田琉希選手(2年)=兵庫県南あわじ市出身=は「洗濯機で柔軟剤の入れ方が分からなかった」。
時に失敗を繰り返しながら、共同生活について学んできた。
・・・
中村宇亜(のきあ)選手(1年)=神戸市出身=は、入寮当初は包丁の使い方に四苦八苦したほか、
「先輩においしくない料理を出すわけにいかない」という気苦労もあったと明かす。今では料理が
得意になり、「今日の味付けはバッチリです」と笑顔を見せた。
・・・
佐川監督は寮生活について「自分たちがどれだけ家族に支えられているのかを知り、『野球ができる
ことは当たり前じゃないんだ』と感謝の気持ちを持ってほしい」と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000002-senbatsul-base

[2019/02/28] 【藤井久大】津田学園選手紹介 藤井久大選手(2年) 小柄だが俊足巧打 /三重

俊足巧打の左打者。身長168センチと小柄だが、「身長の差で負けたくない」と
打撃練習や筋トレに力を入れている。
昨夏以降の公式戦13試合でチーム3位の10打点。勝負強い打撃でチームに貢献する。
ボールの見極めもうまい。

兵庫県明石市出身。小学2年で野球を始め、中学では阿万田琉希捕手(2年)と同じ
チームに所属した。尊敬する選手は米大リーグのイチロー。「走攻守とも一流で、
憧れている」といい、打撃フォームもイチローを意識している。

昨年10月の東海大会決勝、東邦戦で2-10と大敗したことが転機となった。
これまではミート力に自信がある分、中途半端にボール球に手を出し、凡打になること
も多かったが、それでは強豪には通用しないと痛感した。
最近の打撃練習のテーマは「空振りを恐れずに力強いスイングをする」ことだ。
「中軸として打線を引っ張り、センバツで一番活躍したい」と意気込んでいる。

https://mainichi.jp/koshien/articles/20190228/ddl/k24/050/280000c

[2019/02/21] 【阿萬田琉希】津田学園選手紹介 阿万田琉希捕手(2年) 感情出さず淡々とプレー /三重

<第91回センバツ>
肩の強さに自信がある。遠投は110メートル。秋の東海大会では4試合全てで盗塁阻止に成功した。
「野手がタッチしやすいように低くて速い送球を心がけている」と語る。

兵庫県南あわじ市出身。中学時代に所属した硬式野球チームの監督が津田学園の佐川竜朗監督と親交
があり、誘われた。

捕手として気を配っているのは投手と2人の時間を作ることだ。昼食の時間に話しかけるなどして、
相手の性格や状態を把握しようと努めている。一緒にスーパー銭湯に行くこともある。

「一歩引いて全体を見ること」も気にしている。東海大会決勝、東邦(愛知)戦では、浮足立ち、
2回の捕逸を犯すなど散々な出来だった。自分の感情を表に出さず、淡々とプレーすることを心がけている。

勝負強い打撃には定評があり、昨夏以降の公式戦12試合で16打点と活躍した。
「自分は目立たなくてもいい」とも語るが、本心では勝負を決める一打を狙っている。

https://mainichi.jp/koshien/articles/20190221/ddl/k24/050/134000c

[2019/02/15] 【阿萬田琉希】津田学園 夢託した贈り物、先輩からバッティンググローブ /三重

<第91回センバツ>
・・・
レギュラー争いの結果、出場したのが阿万田選手だった。
競い合った関係だが、石垣さんは「後輩だけど、親友でもあり、良いライバル」と語る。
一方の阿万田選手は「太器さんは、佐川監督に怒られたり、試合でミスしたり、つらいとき、
いつも励ましてくれた」と感謝を口にする。

渡されたバッティンググローブは手にぴったりで、阿万田選手は「ここぞの大事な場面で
使います」と笑顔。石垣さんは「こいつなら(甲子園で)やってくれますよ」と語り、
実現できなかった甲子園出場の夢を後輩に託していた。

https://mainichi.jp/koshien/articles/20190215/ddl/k24/050/043000c

[2019/02/05] 【阿萬田琉希/藤井久大/榮龍騰/中村宇亜】センバツ2019 津田学園 野球部ベンチ入りメンバー

打ち勝つ攻撃的な野球が信条。
秋季東海大会では1回戦の大垣日大戦、準決勝の中京大中京でコールド勝ち。
決勝は東邦に2―10で敗れたが、センバツ切符。

打線は4番、前川夏輝(2年)が柱。東海大会では12打数8安打、3試合連続本塁打。
リードオフマンで俊足の大音壱汰が流れを作り、渡辺保育、小林世直(1年)はチャンスに強い。
阿万田琉希や松尾夏希はパンチ力を持つ。センバツ当確を決定づけた中京大中京戦で、試合を
決めるスリーランホームランを放った藤井久大にも注目。

投手陣で注目は、183センチで最速148キロを誇る前佑囲斗(2年)。
130キロの高速スライダーと、落ちるツーシームで的を絞らせない。
140キロ台の力強い直球と切れのあるスライダーの右腕・降井隼斗、
投球に安定感がある高手亮佑、
練習試合で結果を出している左腕、栄龍騰投手(1年)も控える。

背番号 選手名 投/打 学年
2 阿萬田琉希 右/右 2年
9 藤井久大 左/左 2年
11 榮龍騰 左/左 1年
16 中村宇亜 右/右 1年

https://www.高校野球.online/tsudagakuen-member

[2019/01/28] 【榮龍騰】津田学園の投手陣、新たな練習 ゴムチューブで下半身強化 /三重

<第91回センバツ>
・・・
27日に初めて行われた練習内容に、前佑囲斗投手(2年)と栄龍騰(りゅうと)投手(1年)
は「股関節が痛い」。顔をしかめながらも、120回こなした。前投手は「練習を続けていく
ことで、足のぶれが改善されて試合でもバランスを崩さなくなると思う」。
栄投手も「今はまだ制球が甘いが、新しい練習に取り組んで体の軸をしっかり鍛えて思い通り
の球を投げられるようにしたい」と話した。

https://mainichi.jp/koshien/articles/20190128/ddl/k24/050/121000c

[2019/01/26] 【阿萬田琉希/榮龍騰】津田学園、春の吉報 選手ら笑顔はじけ(その2止) 攻撃野球が持ち味 /三重

<2019 第91回センバツ高校野球>
相手に打ち勝つ攻撃的な野球が持ち味だ。
県大会では準決勝の菰野戦で2-3と競り負けたが、3位決定戦の海星戦は4-0と快勝した。
東海大会は打線が好調で、1回戦の大垣日大(岐阜)、準決勝の中京大中京(愛知)にコールド
勝ち。決勝は東邦(愛知)に2-10で敗れたが、センバツの切符をたぐり寄せた。
・・・
阿万田琉希選手(2年)や松尾夏希選手(同)はパンチ力に定評がある。
・・・
練習試合で結果を出している左腕、栄龍騰投手(1年)も控える。

https://mainichi.jp/koshien/articles/20190126/ddl/k24/050/225000c

[2019/01/20] 【平塚大賀/香川麗爾/雪山幹太/文元洸成】東京六大学野球の打撃上位10傑から見る中学野球出身チーム!
・・・
2018年秋のリーグ戦の打撃上位10傑の選手の中学野球の出身チームを見ていき、選手のルーツや
中学野球のつながりを探っていきたい。早速、2018年秋のリーグ戦の打撃上位10傑から見ていこう。
・・・
関西勢では、東大阪北ボーイズ出身の岸本 朋也(早稲田大)と神戸中央シニア出身の平塚 大賀
(明治大)がランクインした。東大阪北ボーイズも毎年強豪校への進学実績があり、神戸中央シニア
は関西のリトルシニアの強豪として常に注目を浴びているチームだ。
香川 麗爾(大阪桐蔭-関西大)や雪山 幹太(早稲田実業)、文元 洸成(智辯和歌山)の出身チーム
と言えば、その凄さは伝わるだろう。
・・・
https://www.hb-nippon.com/news/38-other/34522-bsinfo20190119005
[2019/01/10] 【文元洸成】第51回日本学生野球協会表彰選手を発表!
平成30年度第51回日本学生野球協会表彰選手が10日に発表されました。
大学は全国26連盟、高校は47都道府県高校野球連盟から各1名ずつの計73名が推薦されました。
・・・
https://www.hb-nippon.com/news/38-other/34427-bsinfo20190110003
[2018/11/28] 【千葉葵】近江が抜群の強さを見せつけた秋季滋賀大会を振り返る
・・・
近江に準決勝で敗れたが、滋賀学園も力のあるチーム。
左腕の尾﨑完太(2年)と右腕の竹本徹(2年)がダブルエースとして活躍を見せた。
彼ら以外にも千葉葵(1年)やこの秋は1番中堅手で出場した金城駿乃介(1年)と
力のある投手が控えており、春以降が楽しみなチームだ。
・・・
https://www.hb-nippon.com/column/46-soukatsu/13013-20181026no801t
[2018/10/29] 【北村広輝】早稲田実業vs日体大荏原
日体大荏原の松原は、2回から5回までを0に抑えていたが、6回になると疲れも出たか、
打たれ始める。
6回表は早稲田実業の8番・北村広輝、9番・千葉翔の連続二塁打に、4番・生沼の右犠飛
で早稲田実業が2点を追加する。
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hbnippon/sports/hbnippon-report-18875
[2018/10/29] 【石本耕作/角戸優成】秋季中国大会2018 準決勝・決勝へ|出場校ベンチ入りメンバー一覧
秋季中国大会2018 準決勝・決勝へ|出場校ベンチ入りメンバー一覧
https://www.高校野球.online/soushigakuen00
[2018/10/29] 【阿萬田琉希/藤井久大/榮龍騰/中村宇亜】津田学園 野球部ベンチ入りメンバー2018|センバツ当確
秋季東海大会で準優勝し、春のセンバツ出場が当確となった三重県代表の津田学園(秋季三重県大会・3位)。
センバツ出場となれば、17年ぶり3度目の出場。夏を含めれば、平成29年依頼の甲子園出場となる。
準決勝では、愛知県の強豪・中京大中京を13-2の5回コールドで撃破する等、力を魅せつけた。
センバツ当確を決定づけた中京大中京戦で、試合を決めるスリーランホームランを放った2年生・
藤井久大にも注目。藤井は「目標は甲子園で勝つこと。ここで満足することなく、3年生の思いを
背負ってこれからも戦う」とコメントしている。
https://www.xn--8wv97xz6xo7h.online/tsudagakuen-member
[2018/10/26] 【石本耕作】センバツかけ 15校激突

■創志学園

2年ぶり6回目の出場。
今夏の選手権大会で脚光を浴びたエース西は速球と切れのあるスライダーで強気に攻める。
秋の県大会4試合で計45安打の打線は勢いがある。(岡山3位)
・・・
<二> 石本耕作 (2)
・・・
http://www.asahi.com/area/shimane/articles/MTW20181026330010001.html

[2018/10/22] 【藤井久大/阿萬田琉希】津田学園が4強入り 秋季高校野球東海大会
第七十一回秋季東海地区高校野球大会は二十一日、津市営球場とダイムスタジアム伊勢で
準々決勝の四試合があった。県勢三校のうち県大会3位の津田学園が御殿場西(静岡1位)
に7-2で勝利し、準決勝に駒を進めた。
・・・
津田学園は同点の六回、1死一、三塁で、藤井の右前適時打で勝ち越すと、続く阿萬田、
小林の連続適時打で3得点。八回も前川の本塁打などで3点を奪い、突き放した。先発前は
九回被安打4、2失点の好投
・・・
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20181022/CK2018102202000012.html
[2018/10/20] 【藤井久大/阿萬田琉希】津田学園vs大垣日大
・・・
2回の津田学園は6番阿萬田君と小林世直君の連続二塁打で加点。
・・・
その裏すぐに津田学園は3番石川君が右前打すると、盗塁死はあったものの、死球と藤井君の右前打で
一三塁として二死後、7番小林世直君の右前打で同点。
https://www.hb-nippon.com/report/1925-hb-nippon-game2018/18840-20181020003
[2018/10/13] 【松尾洸太朗】明石商がサヨナラ勝ち!

明石トーカロで行われた秋季兵庫県大会の決勝、明石商対神戸国際大付は、
3-2で明石商が勝ち、大会を制した。

神戸国際大付は2回、二死二、三塁から8番松尾洸太朗のセンターヒットで
1点を先制した。
・・・

https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/koya/news/201810/0011728298.shtml

[2018/10/09] 【田中天馬】神村学園vs鹿屋中央
・・・
神村学園は4回に5番・井上幹太(1年)のレフト前2点タイムリーで先制。
6回には6番・田中大陸(1年)、8番・田中天馬(2年)の三塁打で追加点を挙げた。
9回には9番・松尾将太主将(2年)がソロホームランを放つなど、好機をそつなくものにして加点した。
・・・
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hbnippon/sports/hbnippon-report-18805
[2018/10/07] 【田中天馬】神村学園vs鹿児島城西
・・・
その裏、神村学園はやはり先頭の8番・田中天馬(2年)がレフトスタンドにソロを放って反撃開始。
3番・森口修矢(2年)にもセンター前タイムリーが出て計2点を返した。
・・・
https://www.hb-nippon.com/sp/kagoshima/report/1905-hb-kagoshima-game2018/18786-20181007002
[2018/09/27] 【田中天馬】神村学園vs鹿児島水産
神村学園は初回、8番・田中天馬(2年)の走者一掃レフトオーバー二塁打など打者一巡で5点を先取。
2回にも2点を加え、序盤で7点のリードを奪った。
・・・
https://www.hb-nippon.com/sp/kagoshima/report/1905-hb-kagoshima-game2018/18701-autumngame
< 1 2 3 4 5 6 >

大淀産業株式会社

株式会社川崎組

関西圧送協同組合

株式会社関西港湾工業

関西タクト株式会社

関門港湾建設株式会社

共栄グループ

日下部建設株式会社

株式会社クロダシステムズ

株式会社ケーティエス

株式会社神栄建設

株式会社新和建設

大旺新洋株式会社

大新土木株式会社

タチバナ工業株式会社

東洋建設株式会社

有限会社明北圧送興業

ヨマス商事株式会社