鬼ヶ島監督のブログ

< 1 2 3 4 5 6 >
[2018/03/13] ルーキー!
現在25名となりました!
まだまだ体験期間の選手も多くおり
最終的には35から40人くらいになるでしょうか!
 面構えも良くこれから伸び伸びたくさんの失敗を
繰り返し経験を積み逞しく育ってもらいたい!
そこでまず!
 自分が育つ為の環境作りを自らの力で構築してもらいたい!
ライバルや相棒、自分が妥協できないチームを!
 決して野球が上手くとも、周りから愛されない選手になってはいけない!
 機嫌取って上手な人間関係を作れと言っているわけではない。
 野球チームだから自分の存在が周りに良い影響を与えれば
君は周りから愛される選手になります!
 色んな性格の者がいて、それぞれの方法で周りを育てて欲しい。
 次に当たり前の基準を高く持ちなさい!
 一握りの選手になるならば、それ相応の覚悟と犠牲が付いてくる。
 君が成長する、成功する為の当たり前…
日々の生活から、これくらいでいいか等妥協せず
 これだけできる、こうすればこうなると設計図を作りなさい。
 人が真似できない設計図…人並みではダメだよ。
 日々の練習がしんどい、テレビ見たい、遊びたいから
時間があれば練習にならなければ一握りの選手になれません!
 人と同じ事を積み重ねれば人並み!
 人ができないような積み重ねをすれば一握りに!
 日本一練習するチーム、選手達にまずはなろう!
その上で知識、質を勉強しながらスピードを上げていく。
いきなり知識や質を求めるのは…要領が良すぎて、そのツケは
必ずくる!だから…今は人より一汗多く!ガムシャラに頑張ろう!
 君達の肉体、心が目に見えて成長していくことを親にも負けない位
 私も情を持って、責任持って、我が子同然の思いで育成して参ります!
 順風満帆でなく紆余曲折な中学時代を過ごし、たくさんの苦悩を
糧に、経験豊富な時代を皆と一緒に過ごしたいと決意します!
[2018/03/12] 負けに不思議な負けは無い!

ブロック予選決勝8ー1から逆転され負け…
この学年の今の課題がそのまま集約された敗戦でした。
 目に見える課題と目に見えない課題
それぞれ多分にあり、選抜どころか夏までに間に合うのか?
ギリギリの時です。
 目に見える課題…バッテリーの強化!
ただ投げるだけ、ただ座って受けるだけ…
決め球も無ければ、意図も無い、ランナー出れば自分の投球ができず
捕手も打者と勝負ができない…
昨年のこの時期に比べ球速やキレはさほど変わらない
大きく変わるのは投手としての考え方や、捕手としての考え方
バッテリー間の意思の疎通や息を合わせる努力も見えない…
攻撃に於いては、まだまだしっくりくる打線が組めていない。
スピード、パワー、攻撃力、守備力、機動力それぞれのスキルを
兼ね備えたマルチな選手が今年はいない。
 目に見える課題の一つですが、昨年と違いマルチな9人を選ぶ
 というより、どの野球が勝つ上で重要なのか…
攻撃にパワーにウエイトを置くのか?
それとも守備力、スピードに置くのか?
バランス良く組むべきか?
 今は思案しながらイメージを作っている。

しかしそれらの目に見える課題より重要な課題が今のチームにはある!
それはプレイヤーである前に人としての課題であり
 チームとしての組織観です!
またメンタルや判断力、知識や、感情コントロールなど
目に見えないスキル!
それらを養う環境や目的の共有から整備する必要がある!
 野球ってなんや?
チームってなんや?
その答えを見つけなければならない…
学業では習わない、団体スポーツで学ぶ、人生において必要な力!
 人間関係が希薄な学年…親子共に…今まではそれでも我が子の将来
の為と従ってきたのでしょうか?
その考え方が野球、チーム、仲間、責任など野球を通じて学ばねば
 ならない課題を身に付けれ無かったのでは無いだろうか?
 選手だけに限らず、大人達も一緒に野球ってなんや?チームってなんや?
その答えを追求すべきと思う。
 野球だけに限らず、男社会は自己犠牲や浪花節で成り立っている!
 神戸中央の組織自体、そんな男達の器量でここまで発展してきた。
 男として大事なことは個々のスキルだけでなく、そのスキルを組織
の中で発揮し時に自己を犠牲にしても組織を守るという気概がいる!
 男は1人で生きていけない…
会社、家族死ぬまで責任を組織の為に持ち続け生きていく。
たしかに個々のスキルで左右される事もあるでしょう。
しかしそれも組織が評価するスキルであって、組織に対応しなければ
 そんなスキルは意味のないもの…
野球チームという、そんな縮図の中で私は選手らにそんな力を
身に付けさせたい!
 損得感情を物差しに物事を測る人間より、温かい人間関係を作れる男
 私の人生訓
 人は人の為に尽くすを以って本分とすべし!
 自分の力は自分の為にではなく、チームの為に仲間の為に、家族の為に世の中の為に!
だからこそ自分が強くならなければならない!
 目的がそこであらなければならない!
 内面強化組織強化、緊急の課題です!

[2018/03/10] 子供達にとって一度しかない学年野球
誰に出会うか?
どのチームに出会うか?
でその後の野球人生が大きく変わると言っても過言ではない。
その緊張感と責任を持てるチーム、監督でありたいと思います。
アマチュアゆえに至らぬ所もあるでしょうが、せめて…真剣に
子供達と向き合い、諦めず次のステージに進めたい!
 入口広げる努力はすれば良い!
でも入口だけで中身も、挙句出口も無いチーム
自分のエゴが優先され、子供達の一度だけを蔑ろにする指導者
ここ数年中学野球界のレベル低下は顕著…
厳しい監督、チームを世論や親が非難し、指導の足かせを
付けてしまった事も一つあるが
私は少子化などに於けるチーム運営の厳しさに対して
入口広げる戦略を取り、入口時点で選手の機嫌伺いをした事が
何よりだと思う。
 長く監督しているが、野球界の低迷と勧誘の仕方が比例している。
なんかそういうのを取り締まる組織があればいいのに…
指導者への指導、チームに対しての是正勧告など
連盟がチームを監督する立場になっても良いと思う!
ええかげんなチーム、指導者を無くす運動、本気でやりたい!
[2018/03/09] 野球ファン様勇気ある投稿ありがとうございます!
 見る人によれば愚痴に聞こえるかもわかりませんが
当人から見れば切実な思いであると察します。
 入団時の説明、入団前に見せる姿と現実が違う…
企業であれば、詐欺のような事が野球クラブチームでは
当たり前のように行われている…
ですから私はすぐに入団は勧めない。
 本当の姿を互いに理解できるまで、納得できるまで体験を
 してもらっています。
 指導方針や指導力は様々であっても良いと思う
 それぞれの選手らが自分のスキルや野球の位置づけで
 チームを選べばいい。
 費用の面も塾同様、様々あってもいいと思う。
 費用対効果を感じるのは親御さん選手であり
高くてもそれ相応の、見返りがあるならばいい。
 要は入団前にキチンとそれらの説明ができているのか?
ここが大きな問題です!
これから少子化もさらに進み、東京オリンピックもあって
多様なスポーツへ分散される事必至。
それらと反比例するようにクラブチームは増える一方!
しかし、これからクラブチームも淘汰の波に飲まれていきます。
 選手が減れば球団の運営も切迫してきます。
すでにチーム当たりの部員数は激減しています!
だから…チームは何をすべきなのか?
 出した答えは…詐欺同様な入口強化…
今後訴訟もあり得るでしょう!
 入ってしまえば、こっちのもん。
 中身の言い訳と機嫌取っておけば何とかなるやろ!的なチーム運営
そんなチームは…淘汰されるべき!
 騙す企業を騙された人だけが非難するだけで無く
 そんな企業は国家が処罰するように
各団体協会が、キチンと精査し処分をすべきです。
シニアリーグの監督会議には提議しました!
 各チームの入団案内を連盟が精査、顧問弁護士により指導
 詐欺まがいの勧誘は禁止すべきと!
 今後縮小される事必至のクラブチーム、
 良いチームが残り、悪いチームが淘汰される!
 当たり前の事ですが、そうなるように祈念します。
[2018/03/05] なかなか自覚が芽生えて来ない…
それ故に成長も飛躍的とは言えない!
成長がないとは言わないが、最終的に
全国クラスや一握りの選手になるには程遠い…
当然ながら、高校に進学してからも自らで自らを育てれる根拠も無く…このままでは次のステージでも一般的な選手として終わる事は明白。
中学3年で高校2年のスキルを目指す!
私の目的だが、これには肉体だけで無く、考え方や野球観も含まれる。
肉体もここに至るには1年分のロス
考え方や野球観に於いては普通の中学生…
全ての選手に当てはまるとは言わないが…
かなりの選手が現状での評価は高校野球サイドから見て平凡に映っている。
改めて高校野球サイドから評価を受けて私自身も焦りが出てきた。
全員に夢の続きを!と1年1年身を引き締め
選手らと対峙してきた。
儚い夢とも言えるが、それを私の夢として叶える努力を重ねてきた。
しかしながら…現実的に今の2年生は崖っぷちまで来ている!
何をすれば良いのだろう?
どうすればいいか?
おそらくそんな親子の悩みレベルでしょう
自立するまでに必要な、自覚、知識、積み重ねの無さが どうしたら良いのか?になっている事すら理解できないのでしょう…
競争社会である世界だけに、本来であれば…
プロなら解雇、高校野球なら手伝いとなるのでしょうが…
私自身に課した監督としての責任である全員に夢の続き…選手らが諦めない限り私も諦める訳にもいかない。
でも…その甘さがチームに、自覚している選手らに悪影響が及んでいる事も否めない!
このまま、かなりの自覚の差がある選手らをひとまとめで同じ器で練習してて良いものなのか?私自身葛藤がある。
そしてここに来て1年生の台頭が著しい。
学年重視なのか?
能力重視なのか?そんな能力も間違いなく積み重ねてきた力。
結果で評価される野球の世界
ここにも私の甘さが逆に妥協を生む環境になっているのか?
非情になる事も監督として必要なのだろうか?
同じ年代の子を持つ親としての感情がいけないのだろうか?
様々な葛藤が頭に浮かんで…苦しい
ただこのままではダメな事も結果で評価されている。
できるまでやる!のチーム訓にも反する
もう一度整理して立て直しを図りたい!
[2018/03/02] 選手育成、チーム作りにおいて大事な事は…

出来たか!出来ないか!
スピードやパワーが全国クラス、高校で通じる値なのか!
確率、精度が向上出来る環境、考え方なのか!
プロセスの上での目的が勝つことや、マニュアル通りや、やったやらないでは決して無い。
当然ながら指揮する者がその感覚がなければならない!
一つ言える事は選手、親、経験の無い指導者にはその感覚は無い…
ゆえに指揮する者に依存する事になる。
だからこそ、チーム内において指揮する者の能力で選手、チームが左右される。
何が言いたいのか…昨今の中学野球レベルの低下を危惧している!
そして、指揮する者の感覚の無さを痛感する!
選手や親御さんに合わせてしまい、導く事が出来ない。感覚の無い彼らに合わせて、育成、チーム作りが出来る訳など無い。
そんな指揮する者達は口々に時代や今時の子供はと言い訳している!
私は20年指導に当たっているが、今も昔も本質は何も変わらない。
指導者に課せられたのは、体罰禁止だけであって、それ以外に指導方法について何の制限も無い。
中学野球レベルの低下の要因は確かに他にもあるとは思う。
少子化、スポーツの多様化、都市部における硬式野球環境の劣化など幾つか考えられるが
しかしそれでも指揮出来ているチームがあるだけに言い訳にしか聞こえない!
言い訳は妥協を生む…言い訳するなとよく大人、指導者から聞くセリフですが…
何より言い訳してはならないのが指揮する者です!
たくさん学び、物事を追求し、己の指揮統率力で子供の人生が決まる!くらいの責任を持つべきです!
クラブチームとはこうあるべきでは無いだろうか?
チームの方針があるのはわかるが…
それなら選手の勧誘などしなければいい。
入口広げて中身が無いなら、あまりにも無責任。
感覚の無い彼らに対して詐欺的な勧誘に見える!
大体のチームが中身の追求、出口の充実を怠り、入口だけを広げているだけ!
ここに中学野球レベルの低下原因がある!
関西シニアでも、結果や評価はどうであれ、
指揮する者で私から見て尊敬出来る方は…
悲しい事だが数名程度。
選手の評価は…監督さん、高校野球界から常々されるが、指揮する者の評価は中々されない。まぁほとんど自分で自己評価、自己満足か…
チームの結果、選手の育成、チームの安定など本来は結果でその指揮する者の評価は示されているのだが…
子供のせい、親のせい、時代のせい…
指揮する者が偉いのでは無い!
指揮する者は尊敬され、信頼され、責任を持って導き、日々学び、悩み、追求し、出た結果が己の評価と受け止め、また精進する!
指揮する者が100点で無ければならないとは言いませんし、私自身も自己評価はいつも60点と言い聞かしている。
日々残りの40点を追求している!
生意気な事を言っているのは百も承知です!
たくさんの指導者や選手、親御さんらも私のブログを見てくれているそうなので、あえて野球界の発展、そして子供達の夢の素晴らしさの為に言える立場でありませんが、一石投じたく書きました!
この掲示板は誰でも書けるようにしています!匿名でも何なら大人への誹謗中傷でも議論が深まるなら良いかと思います。
個人攻撃は…ダメだけど…
この問題について意見や感想などありましたらどうぞ!

[2018/02/27] 環境作り

選手を育成する上で環境はとても重要です!
選手らが目一杯練習できるグランドや設備、指導者の数に
食事が作れる厨房etc
しかしこれで良い選手が育つ訳ではない
これらのハードをベースにソフト面を充実させる必要がある!
指導スキルの向上、親の知識の向上そして何より
選手の野球観やチームとしての相互向上関係。
チーム内競争や、雰囲気、リーダーシップ、選手間での関係が
大きな力となる!
選手ら同士で育て合う環境こそが最大の力である!
そんな関係が2年生には希薄と感じます。
仲良くとは違う、野球人としての関係…
1人がそれぞれを鼓舞し、叱り、教え、ライバル視して
またそれぞれが1人に対しても同じく!
妥協できない環境、無責任な事が出来ない環境
あと一踏ん張り出来る環境、自分が育つ環境を
そんな環境作りを1人1人が作らなければなりません。
人は自分から学べない、人は周りから学ぶ
その自分の周りを育てるのも自分です!
私の人生訓  人は人の為に尽くすをもって本分とすべし!
お陰様で私の周りにはたくさんの人がいる。
人間関係が希薄な人や、謙虚さがない人、私利私欲な人の周りには
当然ながら人はいない。学べない、育たない環境を自ら作っているのでしょう!
選手らが自ら環境を作る、これも自立です。
自立したチームを1人1人作ってもらいたい。
おとなしく1人黙々と努力する、真面目な選手…
こんな選手が多く、大変難しい状況ですが…
そんな選手の改革も選手ら同士での方が確かかもしれません。
私や親の説教でなく、選手ら同士で説教し合ったり、考えて答えを出せるようになってもらいたいね。

今年は一体どんなカラーのチームになるのか?


[2018/02/27] 3年生の進路追加
浦山   北須磨 国公立大学目指して文武両道頑張れ!
[2018/02/20] ルーキー

現在20名位の入団で、最終的には35名程度になりそうです。
理想的な人数かな。
神戸中央は学年ごとの練習になるので、グランドも別々で
20以下となると練習内容にも制限がかかり、意外と効率が悪い。
他のチームは同じ場所で三学年練習するので、学年20人いても
結局60人で練習しなければならない…
だから環境や指導者の数から最適な人数は30から40人。
ちなみに現在の中3世代は当初46名、最終37名だが
練習量や内容に不満はなかった。
ちょうど良いくらいでスタートできそうです。
飛び抜けたスーパースターは…正直見当たらないが
ヤル気と希望に満ち溢れ、今後が非常に楽しみです。
また弟クンらも多く、伝統の継承や、父兄会の進行など
何かとメリットが多く最強世代へ!期待が持てます!
選手らのヤル気や希望に負けないように、大人も頑張りましょう!


[2018/02/19] 3年生の進路追加と訂正

追加と訂正
寒川学園→藤井学園寒川高校

萬代  関西学院

[2018/02/15] 3年生進路

 浅川 神戸国際
 駒井 神戸第1
 榮 津田学園
 千葉 滋賀学園
 田中 神村学園
 大森 神戸国際
 辻垣 学法福島

 佐藤 智辯学園
 高本 石見智翠館
 中茎 津田学園
 杉浦 神戸第1

 久保田 明秀日立
 北村そ 中部第一
 平野 青森山田
 柳野 大阪桐蔭
 角戸 創志学園
 平安 学法福島
 保井 寒川学園
 森 滋賀学園
 梅田 学法福島
 北村こ 早稲田実業
 中村 津田学園
 那須 育英

 影山 神村学園
 小南 石見智翠館
 磯田 育英
 芝本 創志学園
 山崎 智辯学園
 植垣 神戸国際
 今崎 智辯学園
 小原 寒川学園
 木戸 明秀日立
 正井 津田学園

[2018/02/05] 恒例の三重遠征❗
予想通りの結果、内容でした…
口で言ってもわからないから、結果が教えてくれるだろう…
そんな思いもあっての遠征!
普段の練習から質が低く、相変わらず指示待ち、やれと言われたことはするが、それも質の低い流れ作業…
当然自ら考えもないし、指導者らもマニュアル通りで、質の高さも求めない…
日々たんたん…これでは成長はない!
予想通りの結果でした❗
選手間でも、妥協する事あっても、プレーを追求する意思を感じない。
ミスをしようが、出きることをしなからろうが、我関せず…
互いに高めあい、緊張感が作れない…
そんな環境でのツケが…たまってきてた!
12月に入ってから、JAPANの練習会や台湾遠征、新入部員の体験会とそれに私事も重なり、チームを離れる事が多かった…
まぁ毎年の事だが…
今年は特にそのツケが…大きく出ている❗
2ヶ月のツケは…大きい❗
選抜までに返済は…難しい
夏に向けて、このツケは払わなければならない!
指導者も編成し直し、今週から新しい体制でリスタート!
気持ちも新たにリスタート!
選手だけに限らず、指導者の方々も責任感を持って、時間の許す限り足を運んで、熱のある指導をお願い致します❗
闘志なき者は去れ!
チーム訓に沿って厳しくやっていく!
信賞必罰❗全ての者に於いてこれは適用する!
これが私のチームに於ける責任!
また1度キリしかない選手らへの責任❗
新入部員も増えてきており、気持ち新たに
新生神戸中央を築いていきます!
[2018/02/02] 諦めない気持ち
いくら出遅れようが
気付くのが遅かろうが
今はダメだろうが
諦めない気持ちが1番大事!
たくさんの急成長を見てきた
信じられない位の成長も見てきた
生まれ変わった選手も見てきた
想定外もあった
でもそいつらに共通するもんがあった!
諦めなかったということ!
ハンデを乗り越え、逆境を耐え、言い訳せずに未来を見た!
壁にぶち当たっても立ち止まらなかった!
おごらず、勘違いせず、謙虚に、そんな男が結果を出したときに…彼らは過去の経験のお陰と!謙虚に言う!
成長にゴールはない!
過去の栄光を捨て、過去の勝利を捨て、未来の成功と勝利を❗
[2018/02/01] 成長に必要な自分力❗
神戸中央に来る選手は意識が高く、真面目な選手が多い❗ゆえにマニュアル通りやっていけば、ソコソコの選手には必ずなる!
ソコソコには…
しかし、至れり尽くせりの環境が邪魔になっているのか…
そこから先の自分力が育ってない‼️
自分で考えて、自分で質を上げて、自分をコントロールして、自分に勝ち、自分で決断し、自分で克服する。
自分が親、指導者、チーム、周りになっている者が多いように感じる❗
親や指導者がやらせて、それを子供が履行する!
これでは…ソコソコまでなんです!
そこで指導者の編成を行いました❗
環境を変えて、競争の環境を作り、巣立ちをさせるのが当面の大きなテーマ❗
それぞれの指導者らの特徴が強く出ることを期待します‼️
また3年生らと在団生らが積極的に選手同士で話ができるようにしていく!
意外と大人には聞けないことも子供同士だと聞きやすかったり、共感しながら身に付くもんです。
グランド内、グランド外でも積極的に会話が出てくるようになれば、それも一つ自分力育成の大きな力になることでしょう❗
家庭でもそうだと思うが、幼少期に比べ、親の影響が強く出にくくなってきているでしょ?もう彼らは…素直に聞く❗だけではダメなんです❗
指導者の方々も選手から会話が持ち掛けられるように門戸を開き、指導する教育する~自分力を引き出すという事も視野に入れて選手らと向き合ってもらいたい❗
[2018/01/30] 先週からバッティング練習を始め

先週からバッティング練習を始め、日曜日には初のオープン戦…結果は予想通りの内容でした…
大きく昨秋から変わった所もなく、秋の優勝が大きなマイナスになっていることは間違いない❗
このままでは良いわけがなく、時間が解決してくれるわけでもない!
 指導者の編成も行い、方針も変更し、改革を行う❗
何が足らないのか?全員が模索するところから始め軌道を上げないと…夏に間に合わないし、個々の進学にも大きな妥協をせざる得なくなる!
ここが勝負の岐路!
やるか?やめるか?
くらいの腹をくくる覚悟が必要!
 大改革断行します!

 6年生ですが、今年は多くなりそうです!
またレベルも高く、チーム内での競争が激しくなりそう❗
良い環境での取り組みができそうで楽しみです❗
現在の入団は13人!
 入団希望者も多数おり、最終的には40人位かな?
まぁ三年生は46人いましたから、また1年生が15人と少ないので、なんとでもなりそうですが…それ以上ともなると場合によったら締め切りも考えないといけませんね‼️
評価をされる喜びと、評価を受ける責任とで身が引き締まる思いです❗
指導者の育成や増員も不可欠と感じています!最高の環境と尊敬される指導者!
この大きなハード面を整備していきます‼️

[2018/01/12] なかなか成長軌道に乗ってこない2年生…
成長度合いは…一般的!
おそらく、プロセスも一般的なんでしょう…
秋の勝利がチーム全体に勘違いを増長させてしまったのか…
努力してないとは言わないが、全てが無難というか…本気のマイペース以上とは言えるもんじゃない。
どうすれば成長できるのか?
どうすればこれができるのか?
どうすれば評価されるのか?
おそらくそんな知識や自主性も希薄なんだろうと思う。
春の予選も間近となってきたが、全く全く構想が頭に浮かばない‼️
急激に成長してきた選手も見当たらず、現状秋のオーダーがベースになりそう!
秋のオーダー…か…
でもこれでは圧倒的な神戸中央野球は今年は難しいだろうな…
全国では厳しいだろうな…想像がつく!
中軸打つ選手が日替わり…
二番手以降の投手陣もバッピに毛の生えた程度…
全国を制するにはエース級が3人必要だが
夏までにそんな期待も…現状の伸び度合いや取り組み方を見る限り絶望的…
改めて日々の生活を考え直し、成長させる時間や質を上げるしかない!
土日では階級は上がらない‼️
親の目盗んで、練習するんじゃなく
自分を自分で追い込み、自分で自分を育てる❗そんな自主性が必要!
指導者の方々も、この現実を踏まえ、見てる時間の指導だけでなく、目の届かない所でマイペース以上できる考えや方法、キッカケを作ってもらいたい❗
土日の仕事!みたいな調子ではなく、彼らにとっては一生に1度しかない今!
真摯に向き合って、導く事をお願いします‼️
思いを引き出す❗やる気を引き出す❗
知識に対して興味を持たせる❗
ノック打つ、技術教えるとかじゃなく
中学生野球は…導く事が重要!
勝手に育つ選手こそが成功する選手であって、言うこと聞く選手や真面目な選手が成功する訳じゃない‼️
そんなチーム環境や教育環境、家庭環境をぶっ壊したい❗
遅れた分を取り戻すには飛躍的な成長しかない!
おそらく遅れに気付いているのは私だけか…
結果が出てからじゃ遅い❗
このまま行けば間違いなく結果が出たときに後悔で涙する事でしょう❗
大人も同じく…あのときこのとき…
神戸中央には歴史と伝統がある!
3年生のレギュラー陣と競争するくらいの追い込みが必要!
3年が高校に進学するまでに、これからガチンコで幾度か試合をさせる!
最初は現実を知り、そこから諦めず、新たな野球観を育ててみようと思う!
[2018/01/10] 淡路キャンプを終えて…

総評としては可もなく不可もなく…
2年生らしい感じでした!
何か精神的に考え方に抑制された感があり、どうしてもマイペース以上を自ら越えることが出来ない。
個性が出せない環境なのか…
伸び伸びとした練習に対する考え方が生まれてこない。
この雰囲気が彼らの飛躍的な成長を損ない、いつまでも中学生レベルから抜け出せない。
このままでは圧倒的な戦力を保持することは難しく、当然ながら夏も同レベル同士での戦いになる。それではトーナメントを確実に勝ち上がる事は困難を極める…
ダメが露骨に出る選手、チームはテコ入れも安易で修正も早いが、普通を良に変えるのは意外と難しい。
なかなか気付かないのが要因だが、この感覚は経験した者しかわからない!
選手らが経験して気付いた頃には…時すでに遅し…となる
だからまずは指導者が、これを感じ、選手らと向き合ってもらいたい。
指導するだけでなく、選手の思いを引っ張り出す、選手の個性を出させる!
この作業が重要です。
ドライに仕事のように指導してきたツケなンだと思ってもらいたい!
指導者、親が、淡々と仕事をこなす…じゃあ子供らは同じようになるよね!
大人が、義務的な考えから、マニュアル通りから脱却して、良い環境、教育を追求しましょうよ!

やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ!
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば人は育たず!
やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず!
選手らの結果は指導、教育の間違いでもある!改め直すは選手らだけであらず、我々大人も直すべき事が、やるべき事があるのではなかろうか?
大人がマニュアル通りやってないか?
大人が淡々とやってないか?
過保護にしろとは言ってないが、せめてその姿が選手らに見本となり、高い志となるように…行いをすべきです!
私も改めて過去の評価や実績を捨てて、今の選手らに向き合い、理解してあげることからリスタートしようと思う!

[2018/01/05] 明日から淡路キャンプ
2日から始動し5日だけ休み、明日からさっそく恒例淡路キャンプに入る!
テーマは自分を変える!
 自分を超える!
 夢を叶える、自分を上達させる上で不可欠な
考え方や性格、表現力など心技体には含まれない要素を徹底して追求してもらいたい!
 指導者におかれても、選手1人1人の性格を考え方を成長できる選手へと変えていく事をテーマとしてください。
このキャンプを越えた時、成長した自分に、チームに出会えるように、それを楽しみに地獄へ参ろう!
これからの野球選手として生きていく土台を作るのです!
 自分で自分を育てれる選手になる為…
自分に負けるな
自分で自分を変えろ
今までの自分を自らの思いで超えてみろ!
 肉体の辛さに心が折れるか!?
 心の強さで肉体を支配できるか?
いざ!自分との勝負!
[2018/01/01] 謹賀新年

明けましておめでとうございます!
2018年も神戸中央シニアを宜しくお願いします!
さて一年の計は元旦にありと言います
さっそく私なりに一年の計を練っております。が…毎年変わらぬ、まだ未達成の計です…監督20年の計!
今年も一生叶わぬ計かも知れませんが
諦めず追求していきます!

[2017/12/31] 今年度の業務完了

30日大掃除を行い、今年度の全ての業務を終えました。
今年は17人の甲子園球児を輩出し
関西シニア春夏秋を史上初制覇!
その他の大会もほとんど優勝と
なんせ勝ちまくった1年でした。
やってきた事、今の育成を証明できた。
しかしここに来て、緩みというか、当たり前になり過ぎているというか…
私の思う成長基準とズレがある!
このズレが積み重なると…それが夏の時点での力に当然なるのでしょうが…
その時に気付く事はバカタレです。
新しい年を迎えるにあたって、もう一度プロセスの質を上げる事を願う。

代表監督として出場したAA台北国際大会
現高校2年世代から3年ぶり2度目の優勝を飾る事が出来ました。
バランスの取れたチームに仕上がり、心身共にコンディションも良く力を思う存分発揮できた。私自身も改めて、アスリートって何や?と考えさられました。
この経験を選手だけでなく私も生かしていこうと思います。
最後に今大会に選手を預けて頂いたチーム関係者、監督様、ありがとうございました。

それでは2日にお会いしましょう!
良いお年をお迎えください!

[2017/12/19] 卒団式も滞りなく終え

卒団式も滞りなく終え無事37人の選手らを
次のステージへと送り出せる!
今思えば、このチームは中学生時における
自立度合いとしては過去一番だったように思う。当然ながら人間力もそれに比例する。
現状でも大半の選手が高校入っても、早い段階でデビューできそうだが、何より入ってからもメキメキ成長できるであろう選手が多そうなのも楽しみです。
この学年によく言った言葉!
自分で自分を成長させろ!
肝に銘じて高校野球でも頑張ってもらいたい。
3年生を送り出し、入れ替わるようにルーキー達の体験練習会が始まりました。
最終どんな選手らが入団してくるのか?
全くわかりませんが…今年も本気の選手だけを入団させます。
みんな本気のチーム!
これが何よりにも勝る環境だと思う。
今後も随時募集しておりますので、気軽にお越しください。

2年ですが…少し距離を置いて自立を促そうと思う。
チーム内競争を生む環境を本気で考えなければならないと感じている。
マニュアル通りで、個々の個性や感情がどうも育ちにくい環境なのかな…
なんか一塊り感が強く、個々が目立たない、育たない。
この冬のテーマ!チームなんか糞っ喰らえ!
団体行動なんか糞っ喰らえ!
徹底した個々の成長を底上げしたい。
今の個々で支えるチームなんて…所詮は低レベル!
強くたくましい、そして人間力の豊富な個々が本気で作るチーム!
夏までにはそうしたいが…その為にも今は個々が1人で修行!
助け合い、いらん
ひたすら、競え!
神戸中央野球の原点、個々の迫力!
ここは絶対譲れない。
勝つ野球じゃなく、他を圧倒する強い野球を
目指して…この冬、旅に出そうと思う。
成長した姿を見せて帰って来い!

[2017/12/11] タイガースカップ大敗…
北摂シニアにコールド負け
秋にはなかなか、ここまでチームって何か?
を知っているチームはない。
秋にコールドで負けてから、1ヶ月で色んな話や改革をされてきた事でしょう。
素晴らしいチーム、さすがは後藤監督でした。
とはいえ相手を褒めているだけでは…神戸中央としてのプライドが許す訳がありません。
ここから、新たな大きな一歩を歩まなければなりません。
スケールの小さい野球は神戸中央でない!
組織力などいらない。神戸中央は個々の能力で圧倒するのがスタイル!
流れや運で左右されない圧倒的な力!
二年生にはそれが無い…
ここ10年で一番小粒で、技術先行の戦力では、この先そんな野球が出来る訳がない。
ここで一念発起!
根本的な考え方を変え、神戸中央スタイルを貫く!
高校野球界もそれを望んでいる!
田中、坪井、長谷、山本等中学生レベルでの上手な選手からの脱却を願うと共に
力あるズブい選手らの台頭を願う。
共に短所はハッキリしており、やるべき事は明白!
最終的には、大型の神戸中央スタイル。
ここに目標を置いて育成する。
最低限の身長ー100体重
身長✖️5以上の筋量
ここに至らぬ者は戦力として見ない位の強い意識で取り組み直す。
つまらんテクニックで誤魔化す野球は神戸中央の伝統に背く…
出来るまで やるぞ!
[2017/12/06] 体験練習の時期になってきました
タイガースカップ、卒団式、台湾遠征代表監督と行事が重なり、今年もなかなかゆっくりとルーキー達と触れ合う事ができなさそうですが…
結果と環境含め評価されると確信しています。
我が神戸中央シニアは育成に重点を置き、個の成長を一番に考えています
1人1人名前があって夢があって、それを支える親がいる。そんな親子の思いをチームと分かち合い、夢の続きを持って高校に送り出す。これがチームの柱!
チームの勝利の為に個の夢を犠牲にする事はしない。
早稲田実 雪山
津田学園 久保田、中島、藤井
滋賀学園 桜井、真藤、後藤、光本
大阪桐蔭 香川
智辯学園 太田
智辯和歌山 文元
神戸国際 岡野、藤原、栗原、石川
神村学園 島中、前畑
この内10人が中学時代は控え選手でした。
今年の3年生も33名が野球の推薦で高校に進学します。レギュラーだけが評価されたりする事は無い。全員高いスキルがある事を高校側から評価を受けた証明です。
遊びじゃない本気で夢を叶える為のチームでありたい。厳しいと思う、苦しいと思う。
そんな3年間を仲間と指導者と親子で成長しながら乗り越えていく。
選手の機嫌取って、教育、指導ができないチームが増えてきている昨今、我が神戸中央は妥協の無い本気のチームです!
特に人数制限はしませんが本気で夢を叶える気が親子であるのか?ここだけは入団に際して私は求めます。
私は本気だから!
素晴らしい能力があっても乗り越えなければならない壁はたくさん有ります。
小学生時代に名を馳せて中学、高校と聞かなくなった選手もゴマンといます。
クラブチームを選ぶ上で間違った選択が将来を壊す事にもなりかねない。
私はそんな緊張感をもって1人1人と対峙する。ルーキー達にも私達は特別な接客や甘い話はしません。勘違いで入団させれません。
横柄に感じるかもしれませんが…それも預かる責任の現れと緊張感だと理解してもらいたいです。
さぁどんな出会いがあるのか…大きい志に対し応えれるチームだと自負しています!
[2017/12/04] 神戸ダービー

タイガースカップ準々決勝VS神戸須磨クラブ
6ー0で勝利!
序盤は甲子園と神戸ダービーの雰囲気にのまれモタつく所もありましたが
終始相手を圧倒し危なげなく勝利!
準決勝VS北摂シニアへと駒を進めました。

1年生の武井杯も奈良中央シニアを強打で圧倒!
人数は少なくチーム内競争は?ですが
ゴンタクレが多く自分との勝負が出来る!
人数が少ない事も1人1人が充実した練習が出来る上では良い面もある!
体験練習が始まるが、やはり20〜25人位がベストなのかな…

環境面ですが、今度は規模は小さいが雨天練習場を考えています。
一塁ベンチ裏に人工芝で主に雨中のトレーニングや基礎練習が出来るように!
日本一の野球環境を目指して後援会のサポートもいただき益々充実させていきます!

[2017/12/01] 私が監督として現チームを率いた9月から

気付いたら…まだ一度も負けていない。
強さは感じないが…何故か負けてない
打撃に於いては課題は多いものの安定感は
あるのかなとは思う。
昨チームと違い長打力は欠けるがコンスタントに打線は機能する。
投手陣に於いては絶対的なエースがいるわけでわないが、総体的に大崩れはしない。
しかし負けない一番の要因は…平常心か
試合中モチベーションが上がる事も下がる事も無い笑。
大人しく忠実な性格の選手が多く、試合に於いてはこの性格が安定感を生む。
元気はないが落ち着きはある!
ピンチにもバタバタせず、チャンスにも冷静
昨チームとは大きく違う。
掴み所の無いチームと纏めておきます…

さて今週末からタイガースカップが開幕します。最近秋の成績が芳しくなく、四年ぶりの参加になります。
それぞれに感じ、学び、冬をたくましく越す糧を見つけて欲しいですね。

[2017/11/28] チーム内競争をテーマにしているが…
熾烈な…とはいかないようです。
全体的な底上げは少しづつできているが
まだまだ出てきたな!と感じる選手は見当たらない。
運動能力ある者は線が細く
体のある者はズブい…
私の求めるパワー&スピードを兼ね備えた
選手は数少ない。
県知事杯を見に来ていた高校野球関係者も私と同じ評価…
個々としてのテーマはハッキリしており
ハッキリしているが大きな壁でもある。
この大きな高い壁を乗り越えるには…
どうもガムシャラだけではダメなようです。
あらゆる手段を講じ、少しづつの進捗でしか
乗り越えれないかな…
半年計画位の覚悟が必要だが…絶対越える事の出来る壁である事は断言しておく!
肉体の成長は必ず出来る。
理にかなった積み重ねで必ず変わる。
しかし一瞬で理解出来る技術力とは違い
日々の積み重ねでしか、それは変わらない。
いきなり筋力は増えない。いきなり足は速くならない。どの選手にも必要なのは筋力の向上です。
パワー&スピードの根底にあるのは筋力!
そこに技術力と感性が加わり野球のスキルが
高く発揮するのです。
この度の壁はテクニックやセンスでは乗り越えれない壁です。
早く悲壮感を持ってこの壁を乗り越えるチャレンジをしてもらいたい。
この壁の先に…日本一、夢の続きがある!
夢は逃げない  逃げるのは自分だ!
覚悟を持って…チャレンジしろ!
[2017/11/22] 確実に成長する根拠!

野球も勉強も同じく、成長するには…
それ相応の根拠が必要。
マイペース以上の努力は当然ながら
知識や考え方、努力の仕方が重要である。
たいていの指導者、親は…マイペース以上の努力さえしていれば結果はどうであれ…
頑張ったと満足する…
結果に責任をそれぞれの立場で取る事がない。
神戸中央は結果責任をそれぞれが取る事になっている。
ゆえに、努力を結果に結びつける上で
知識や考え方を整理し、確実な成長根拠を
持って努力を互いにしている。
特に神戸中央野球のベースになる体作りは
栄養学やトレーニング学、人体学の知識がなければ、日々の成長の差は大きく出る。
ただ食う、ただ鍛える…これではダメ。
何を食う、いつ食う、これだけ食う。
食べる事だけでも、質の違いで大きな差がある。
鍛えるという事に於いても同じく。
だから神戸中央では頑張ったで賞はない!
結果でしか評価をしない。
結果が出るまで、諦めずにやる!
一切の妥協があってはなりません。
そして特に中学2年生らは…飛躍的な成長する上で…重要な局面に来た!
教わる、やらされるから、自らやる、学ぶ。
そう自立した考え方を身につけなければなりません。
今までは足が遅い選手は、自主練習は走る!
これだけ!フォームの研究は?メニューは?
テーマは?自分で考える。
体の線が細い選手は?何を?いつ?量は?
何回?どうすれば大きくなるか知識はあるのか?ただ食う、食わされるではない。
全てのファクターに於いて根拠を持ってマイペース以上の努力する!
そして目標設定したテーマを1つづつ確実に達成させていく事。頑張ったではアカン。
できたか?できてないか?だけ
出来るまでやるのです。
無茶な目標設定や夢でなく、具体的な目標設定をまずは設定しなさい。
短期、中期、長期それぞれに!
何をすれば良いのか明白にするのです。
課題が何個あるかが重要ではない
課題を克服出来る選手であるのかが重要!
自分で自分を成長させる!
神戸中央究極の奥義!
それを私の、親の手の内にある間に
絶対身に付けさせねばならない。
私、親にも頑張ったで賞は…ない!

[2017/11/17] 短所の克服!
これから本格的な冬を迎え、野球選手に
とっては育成期間へと入る。
過去の経験から、この時期が一番差が出る。
伸びる選手とは?
短所、テーマを自覚出来る選手。
それに対し計画性を立てれる選手。
諦めずにコツコツ出来る選手。
出来るまでやると覚悟が出来る選手。
知識、知恵のある選手。
それら全てを自ら取り組める自立した選手。
チームとしては、階級上げる事は当然だが
特に走力、守備力に重点を置きチームの短所を補い、圧倒的な戦力を持ち、そして負けない弱点の無いチームにする。
それには…とてつもない長く険しい道が待っている。
私はそれを自覚している。計画も頭にある。
諦めずに出来るまでやってやると覚悟を決めている。それを出来る事も証明してきたし、私には経験と知識がある!
選手らに望むだけでなく、私含めた指導者、御父兄さんらも何気ない1日、何気ない練習、何気ない食事、何気ない教育にならずに、ちゃんと上記した事を念頭に取り組んでもらいたい!
理解出来る者と理解できない者…
この差が、大きな能力差になる事を知ってもらいたい。
能力を上げる上で必要なそれら内面的な部分を持ち合わせている選手、家庭が伸びる選手。
私的には誰が伸びてくるのか…だいたい分かる。
上手な選手でなく伸びる選手!
今はここにスポットライトを当ててよく考えてもらいたい!
[2017/11/16] 交流大会、タイガースカップ

私から見た現チームは現状では平均的なチーム。
投手力、守備力、攻撃力それぞれにバランスが取れてはいるが、全体的に突出した部分は無い。走力や頭脳に関しては平均以下…
例年であれば関西優勝出来る戦力は無い。また完成度としても例年以下…
正直なところ関西シニアのレベルが今年は低く、チーム力に反する結果が出てしまった。
今週からの兵庫県知事杯やタイガースカップで本当の力の序列がハッキリするでしょう。

1年生ですが、新しい仲間が増え活気が出てきたように感じます。
元々気の強い子供が多くアスリートととして良い本質を持った学年。
そこに新入生や今後来る六年生らが来て
本来の負けん気が発揮出来る事があれば…
成長の過程が大きな右肩上がりになりそう。
個々の成長にも競争は不可欠!
マイペースからマイペース以上の環境が…
今から楽しみです。

そろそろ体験練習の時期に来ました。
少子化やサッカー人気等で小学野球も下火に
なっているようです…
どのチームも運営には頭を抱え苦労が絶えないようです…
中学クラブチームも同様…選手数は減るがチームは増える…
需要供給のバランスが逆行しどのチームも
運営に火がついています。
個々の費用分担が大きくなり、経済的な理由で硬式を断念という過程も多いように思います。かといって中学校の部活は…指導者不足や規則が厳しく、なかなか高校野球には直結できないのが現状。
その点神戸中央は環境にも恵まれ、後援会も充実し費用はかからない。
やる事を制限せずに費用が抑えれるチームは神戸中央だけと自負する。
また進学面に於いても他を圧倒する。
今年も37人の内33人が野球推薦としてチームがサポート。
また大半が特待生としての評価を受けました。
今年の17人甲子園球児を輩出した記録を
この学年は塗り替える事でしょう。
日本一の環境に日本一の練習量、そして日本一の甲子園球児輩出チーム!
本気でやるなら神戸中央!
大きな夢があって競争環境で切磋琢磨を望む
野球が大好きな小学生…是非お越しください。

[2017/11/08] 3連覇も…

内容の薄い決勝戦でした。
見えるミス、見えないミスのオンパレード…
終始チグハグで、課題の多いゲームでした。
大会を通じて、階級的には関西シニアでは
頭1つ抜けているのは確かだが
メンバー全員が入れ替わり組織としての機能や個々の知識や野球観がダメだな。
階級差で圧倒するだけで、応用を必要とする
プレーや、チームプレーが必要となる
ケースには全く対応出来ない。
入団当初、能力も低くひたすらに階級を上げる事や、基本の反復に時間を要したツケ。
いやそれがあったから今があるのだが…
これからタイガースカップは有るが
来春に向けて、設計図を書き直し
短所の克服が冬の課題となります。
個々の能力的な課題、チームとしての課題…
この山積している課題を客観的に判断し
その克服を具体的に選手らに示す事を
指導者にも求めます。
指導者が何を課題とするか?
どうすれば克服できるか?
それが分からずに選手らに理解を求める事は出来ません。
私が今年も関西ジャパンを率いてAA日台国際大会へ出場する為、その練習会も含め
グランドを留守にする事が多くなる。
指導者のモチベーションと明確な設計図で
チームの山積した課題を解決してもらいたい。
関西シニアでの序列などに一喜一憂していてはダメ!
相手がどうこうでなく、日々成長、全国レベルを想定した育成が必要です。
誰よりも全国レベルを知る神戸中央は
今の序列でなく、今の課題に目を向け、全国一の取り組みをしなければならない!
指導者、選手の覚悟を求めます!

< 1 2 3 4 5 6 >

共栄グループ

株式会社川崎組

株式会社関西港湾工業

株式会社新和建設

関門港湾建設株式会社

タチバナ工業株式会社

株式会社ケーティエス

大淀産業株式会社

大新土木株式会社

大旺新洋株式会社

東洋建設株式会社

日下部建設株式会社

有限会社明北圧送興業

関西圧送協同組合

ヨマス商事株式会社

関西タクト株式会社

株式会社神栄建設

株式会社クロダシステムズ